2007年08月24日

D300は俺的には第2次ニコショックだ。

1次はD70を触ったとき
あのころPowerShotG3とフィルムEOS-IXEを持っていたが
ニコンに乗り換えようかと思った。
同時に発売していたKissDigitalと10Dとは明らかに
快適度が異なった。
んが翌年KissDブラックにした。
丁度、このブログを始めたころである。

その後は20Dを購入し
ニコン製品に目移りすることはなかった。
んがD300が移った。
反応したのは
・視野率100%
・最新のフラグシップと同等の51点AF
・8コマ
・コントラストAFとHDMI
あたりだ。

仮に5Dの後継機が20万代で秋に登場したとしても
上記のポイントを充たす可能性は低い
順当に行けば40Dベースにフルサイズと
シャッターボタン、AF等の改良に留まるはずだ。

ただD70のときと異なるのは買い換えるか?
とまで深刻には悩まなかった。
すでにEF24-105F4LIS と EF70-200F2.8LIS
というレンズ資産があり ニコンにそれを
大きく上回るレンズは無い。
さらに予備バッテリーや外付けフラッシュまで
考慮すると
EOS1DMK3のが安くつくのは明確である。
また、操作の慣れもある。
もはやキヤノンから逃れられない運命にあるな。

さてD300は仕様的にはすばらしいが
画質面で劣っていたというD200の前科がある。
前回のブログで触れたが
画質に関しては一朝一夕では逆転しない
ニコンはカラーノイズはおさえられているが
輝度ノイズが目立ち結果として
昔からキヤノンは高感度に定評があった。
CCD、CMOSだからという理由ではない
供給元のソニーが絡むと思うが
メーカの差だろう。
キヤノンは画素を600,800,1000あげてきたが
いままで高感度特性、D/R等性能を向上して
達成してきた。
しかし、ソニーのセンサーはそうではない
場合もあった。
このためS5Proと比較して及ばない可能性はある。
このあたりは雑誌が比較してくるだろう。
ただここで優劣がはっきりしたところで
前述の通り、システム乗り換えはありえないのである。



posted by ぴろん[piron] at 13:51| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Nikon D300
Excerpt: D200の後継のD300が発表になってました。中級機種としてはこれ以上ないくらい贅沢に詰め込んできた感じがします。唯一ないのは本体手ブレ補正くらいでしょうか?人物撮影的には51点AF(15点クロスセン..
Weblog: コスプレ衣装をメモするブログ
Tracked: 2007-08-24 16:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。