2008年07月14日

なんか違げぇ...

あまりの暑さで頭がやられますた?

スクリプト組む気力が出ませんOTL...

んで
弄られてばかりで仕事選ばせてもらえない
ウチにやってきたミクに
じゃコレかぶってみて...と

080713.jpg
いろいろ弄ってきたもののイチから顔を作り上げたのは
コレがはじめてデス。
ブラック☆ロックスター(BRS)をこさえたのですが
なんか違げぇ...
てんで似てないおw

黒髪のツインテール、目は青
コレだけおさえとけばBRSに見えるハズ

あっでも頭は丸く、アホ毛も付けたい
髪はサラサラ〜ってカンジで...とか
目はミクよりくりくりの丸い目に...
ミクと同じように元絵に似せる気が無いけど
カワイく作った見たかったんだよ
てなカンジでやってみたら画像のようになった。

服はそのうち作るかもしれないけど
ここまで似てないとアレかなぁ
なんか根本的に間違っている気がしてきた。

髪は大部分作り直しで
目は通常時はコレってことにし燃えverを作るかな...

このBRSはミクに比べるとものすごく簡単にしてあって
特殊技?を一切封印してある。
そのおかげで扱い易いの何のって
動かすの前提だとあまり無茶しすぎると
いろんなところで作業が増えてうまく回らなくなるナァと感じた。
ミクは複雑なままスクリプト併用モデルとしてつくるけど
次のモデルは妥協とは違うのだけどいろんなところで効率のよいものしにたいかな。

あと上の絵はWarabiで出した。
実は作者さんに失礼だと思って伏せていたけど
自分で使えて無かっただけなのでご報告っと
Warabiは実は使えない子だと思っていた。
デフォの設定のままだとエッジはCelsViewよりきれいに出ないし
レンダにものすごく時間がかかるのだ。
でもコレただ設定が出来ていないだけだった。
Celsviewはそのへんオートで上手く出してくれるが
warabiの線の出し方は事細かに設定できるのだ。
塗り方も同じ。だからそれぞれの仕様に特化した特殊なこと
をやらせない限りはほぼ同じ出力が得られるよう
設定をあわせることも出来る。

時間がかかるものもカゲの設定を標準にすれば
デカイ画像でも45秒から60秒ぐらいで出せるのだ。

ただ、keynote、warabiが連番mqo出力に非対応なため
keynote-warabiコンビか
mikoto-clesviewコンビといった選択になる。

双方メリットがあるけど
clesviewで使っている特殊技を封印か代替技を使えば
モーフが使えるkeynote-warabiコンビに移行できるっう目処も立った。
またWarabi100%はムリ、チェック用にリアルタイムセルシューディング
ができるCelsVewも必要となる

mikotoは待っててもモーフできることは
まずないから

いつkeynote移行やるかが問題かなぁ
間違いなくモデルの構造は大改造だし
途中かけのスクリプトもほぼ無駄になる
軟化や幽体離脱をキケンを乗り越えてwアンカー変更しないとダメだ。

これらをやれば結構時間かかし
カオ作るのと違ってモチベが....
んーどうしたもんか



posted by ぴろん[piron] at 13:55| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。