2008年07月02日

ヘッドフォンアンプ なんとか200B

久々の自作オーディオ記事とはいえ
聞きもしないで批判ネタなんで
あえて伏せとくし
コレ好きな人ゴメンよ。


近所のオーディオショップのDMに
なんとか200Bが掲載されていた。
誇らしげに内部写真が....
これで168000円って
っえ?

ボディは豪華だけど
トランスとか配線とか
ついてパーツがちょつと寂しいよね

でショップの改造が仕様がOPA2604だって....

この値段ならデフォで
電源はトロイダルかRコアで
アンプはフルディスクリードか
OPA627BPあたりが相応でないのかなぁと

ひょっとして
マランツの内蔵ヘッドフォンアンプ
よさそうに思えよ。
こっちはアンバランスとはいえフルディスクリードだし
トロイダルだし、内部もいろいろ配慮してあるし
部品とか配置とか魅力を感じるんだけどネェ

そりゃプラシーボもあるだろうけど
ここ重要だと思うんだよね。

ってまぁ聞きもしないでこんだけ
文句言うのも申し訳ないけどさ

ボカロやってなかったら
対抗意識燃やして
DAC内蔵バランスヘッドフォンアンプでも
こさえてやりたいと思いましたよ。

っと毒はここまでにして最近なにげに当ブログの
PCM2702ネタを見に来てくれる人が多くてビックリ
なんでだろうと思ったらお気楽オーディオさんところで
USBオーディオの特集があるではないですかw

さすが詳しいですネェ参考になります。
マニアックですが実はVcom結構苦労しました。
当時良くわからずにカップリング外してやりたいぜ
とかアフォなこと考えていたこともあったかな...
結局カップリングにたどり着きましたね。

PCM2702から差動アンプ
HD595は差動ケーブルないから
合成して出力...楽しそうだナァ。
やべっこれ以上手を広げたら
何も出来なくなるので自重します。


<ちょっとひどい文だったので書き直した>


posted by ぴろん[piron] at 17:50| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。